シングルママ流”在宅起業" 子育てしながら働く~おウチで起業~

menu

Tomoko Saito ~ Official Site~

人生変えたい奴が石橋を叩いてた#494アマゾン輸入×女性起業家メルマガ

 
 
こんばんは!
 
最近のダッサイ大人とウチの子供たちを
比べちゃいました><
 
子供の可能性とか、
子育てから見えるものを今日は超辛口で書きます。
 
今夜は「ごめんけど」って謝りませんよ、
だって本当の事だから。
 
 

毒親に物申す

 
子供を育てるのは親だし、
子供の可能性の芽を摘むのも親である。
 
子供はチャレンジ精神旺盛です。
 
大人から見たらそれは冷やっとする事の方が多い。
 
それはその先の嫌な予感があるから、
またはその先どうなったか…苦い経験があるから。
 
 
だけどそれは一度自らが経験しないと
自分で“痛み”として覚えない。
 
当たり前のことです。
 
例えば子供同士のケンカ。

確かにここからいじめに発展することもあり、
それが悲しい事件と言う結末を迎える事もあります。
 
でもいかがでしょうか?
 
小さい時に、
嫌な言葉をかけられた、虐められた経験くらい
 
みなさんありませんか?
 
または
そうやって誰かを傷つけてしまった経験、
 
1度はありませんか??
 
 
自分が辛い経験をしたから人の痛みが分かるし、
自分が加害者になって分かる痛みもあります。
 
 

本当の危険は免疫がない事

 
そういう経験を全部摘むってしまう大人って・・・
クソだと思いませんか?
 
悲しい結末がもしも怖いなら、
自分の子供には心を鍛えさせないとダメ。
 
例えばウチの三兄弟には私がいる。
 
本当にやばい時、
彼らの話をちゃんと聞いてあげれれば、
ウチの子供達は絶対に死なないと自信があります。
 
子供に親が自分の経験値で語るのではなく、
親がただ子供の話を意見せずに聞き入れる事。
 
これがすごく大切だと思います。
 
自分の経験だけで、
子供の言い分や話をきかずに語ったり、
子供の人生を決めようとする親が多いですよね。
 
これって「毒親」以外何でもないですよね?
 
だけどそれを親は
子供への愛情だと勘違いしてるから笑っちゃう。
 
ワケの分からない過保護に育てられた子供は、
世間知らずに育っていくでしょうし
免疫も何もない大人になっていきます。
 
 

喧嘩両成敗

 
喧嘩両成敗なんて言うけど、
本当にその通りでどっちが悪いとかないです。
 
過保護に
痛い経験や辛い経験を排除するのではなく、
また、
成敗する事が重要なのではなく、
そう言った事をたくさん経験させる事。
 
そして「心に響かせるのが重要」だと
私は思います。
 
私は感情の浮き沈みがある人間が好きです。
人間らしいから好きです。
 
そういう人には「必ず心がある」からです。
 
だけど子供の頃に自分で、
楽しい事・嬉しい事・悲しい事・辛い事
を、感じてこれなかった子供は心が弱いです。
 
残念ですがこの大切な機会を奪うのは、
1番身近な親の可能性が高い。
 
「感情や心に何も響かないつまらない人間」
にしているのは、
1番愛情を注いでいるはずの親のような気がします。
 
もう一度、
「子供はチャレンジ精神旺盛」です。
 
逆に大人は子供より長く生きてきた分、
「酸いも甘いも」よく知っています。
 
 
 
だから大人はチャレンジを嫌がります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
「人生変えたいんで!」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
なんて言ったって、
 
石橋叩いてたら大した変化なんてありゃしない。
 
 

人生変えたい人が石橋を叩いている

 
そもそもチャレンジするのに石橋を叩くアホが
どこにいるのでしょう?
マジ笑える。
 
それって全然チャレンジじゃねーし!
ってツッコミどころ満載です。
 
違いますかね??
 
 
石橋なんか叩いてアンパイ引こうとするな!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
って本気で言いたいです。
 
 

海外旅行前に英会話に通っちゃう人

 
ちなみに・・・
海外に行く前に英会話を習おうとする大人が多い。
 
子供だけで海外に行くと決まったら、
子供に最低限の英語力や
または添乗員をつけないと不安で仕方がない。
 
例えば最低限の英語ってなんですかね?
 
そんな最低限の英語なんて習わせたって、
現地行ったら一言も喋れないですよ。
 
使い物にならないって奴です。
 
海外行くのに石橋を叩いて渡る・・・w
 
せっかくの海外という異国のどデカイ経験値が
むしろ台無しです。
 
うちの子たちは英語も習ってないし、
日本語も標準語と関西弁のミックスでひどい状態。
 
 
だけど、
海外で子供だけで買い物ができます。
 
ヨーロッパでも平気です。
 
自分たちの欲しいものは
私にお願いするのではなく自分で買いに行けました。
 
 
 

海外で子供が買い物をする勇気

 
 
最初は水1本買うのも1時間w
日本と違って、
並んでいてもレジにはたどり着けない。
 
お水の種類もたくさんあり過ぎる。
 
最初は1時間かけて買った水がガッサータだった。
(飲めない炭酸水)
 
飲めなかった子供は私に泣きつくのではなく
最初は我慢していました。
 
私もそれをわかっていましたが
笑顔で見守りました。
 
確か真夏のヨーロッパで超乾燥していた日。
 
喉がカラカラだった子供は私に
「お金をくれ」とだけ言って
近くのショップへ黙って水を買いに行きました。
 
その時はちょっぱやでしたよ、
お釣りはチョロまかされてたけどw
 
 
ガッサータ、ノー!
と言って買えるようになっていました。
 
(1番下はアポーアポーと叫んでいましたw)
 
そうやって活きた経験ができるのが非日常ですよね。
 
 
だから日常と同じようにアンパイなんて求めてたら
 
一生変わんねーぞーーーーーーっ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
って声を大にしてマジで言っている・・・
ワケです。
 
 
最近わたしの身近で気合いの入ってきた、
ひとみどんとM野。
 
この二人はどちらかと言うと、
徹底して石橋を叩きまくって渡るタイプでした。
 
それがここ数ヶ月で大きく変わりました。
 
やっぱこれって「殻を破る」ってコトバが
一番しっくりきますね。
 
一皮剥けたのは一目瞭然です。
 
 
まぁ、皮は厚くまだまだ剥けますので
ウチの子供達のような活きた経験を
LAでしてあげたいな♪って
優しいおともさんは思っています。
 
愛情ですね〜♪愛情っ ψ(`∇´)ψ
 
気合い入ってると
LAでも来れちゃいますよね〜♪
 
そりゃあ人生変わるわ、ごめんけどw
 
 
 
 
P.S.
「チャレンジできない大人ってダサいね」
これはウチの長男のお言葉ですw
もっと言ってやれーぃ!w
 
======================
 
2018年03月20日のメルマガより

Please follow & like us :)

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial