シングルママ流”在宅起業" 子育てしながら働く~おウチで起業~

menu

Tomoko Saito ~ Official Site~

社畜「思考停止は飼い馴らされたブタ野郎です」

 

「自営がうまくいかない?」専門職で格差が出た理由

去年一緒に輝女の茶話会をやってくれたネイルサロン経営、そして個性診断をいつもお願いしている Chikaさん。
関西へ越してから初めてできたママ友の一人であり、私がエステティックのパート店長を辞めて美容家として独立するきっかけの1人です。

子どもが通っていた幼稚園は、 バリバリ働くお母さんが多いのも特徴でした。業界で言うなら“マインド高い”って奴です。

毎日、西宮⇄名古屋を通勤するお母さん、
シングルだけど1人で会社も経営するお母さん、
人気モデルとして活躍中のお母さん、
個人で趣味や特技を活かして働くお母さん、
子どもの教育命!みたいな熱心なお母さん、

とにかくカラーの強い保護者が多いのが 特徴でした。

そういった環境の幼稚園ママ生活だったので 「家の事だけ」ではなく、ママも1人の人間としてバリバリ活動するって事に抵抗がなかったのかもしれません。

小学校で知り合った違う幼稚園ママからは・・・「えぇ〜●●幼稚園行ってるの?大変じゃない?!」なんて良く聞かれましたが●●幼稚園ママ ヤバイで有名だったので)めちゃめちゃ有難い環境だったわけです。

そんなドラマで出てきそうな幼稚園のママ友から始まったChikaさんと昨日話してた事を今日は1つ書かせて頂きます。

Chikaさんはもう何年も前から ネイリストとして活躍されてる めちゃめちゃカッチョいい起業女性です。私の“イケメンな彼女”と呼ばせてもらってます。

Chikaさんのネイルの業界も粧材(商材)が進化してるし、 初心者でもキットを購入すれば ある程度の形になっちゃうみたいなのが あるらしいんです。

エステティックもそうですよね「塗るだけで引き締まっちゃう!」「 塗るだけで美白に!」という便利で簡単な商品が増えています。初心者でもセットで化粧品を購入すれば どうとでも商売になっちゃうところがあります。

美容系はしばらく離れている感じですが、 例えば 街中のフェイシャルサロンを通りがかった時に 表に並んでいる化粧品や 粧材のラインナップを見れば「このサロンは**」って分かります。

毎日忙しいのにわざわざサロンに通いたくない…
ネイルやエステはしたいけど 
疲れているのに担当者と話すのが面倒に感じる…

そんな人もいますので、 個人で簡単に使える便利なキットは ご自宅用のセルフケアとしてはありだと思います。

昨日話してたのは便利になった代償に頭を使わなくなったという事です。

ネイルはアートでもありますので、 強調させたりグラデーションを入れたり どうしたらそのデザインを綺麗に出せるのか?など、昔はネイリストさん1人1人が考えて 工夫をしていたそうです。

エステティックで言えば「どうしたらこの美容成分の吸収力をあげれるか?」「どこから改善したらお客様の悩みは解消するのか」
粧材と手技と理屈で エステティシャン一人一人が考えて工夫をしていました。

今でもプロ意識が高い人は 自分の知識と経験で考え、工夫をし、 独自のテクニックを自然と身に付けてると思います。

世の中は便利になった。
自分の頭で考えなくても 用意された物を使えば良くなってしまった。

これって、 良ぉ〜く考えると怖い事だと思いませんか?

 

仕掛ける側と情報弱者の明確な違いとは?

私なりの斜めな見方をすると、 この無意識で便利慣れした思考格差を生む って思っています。
もっと言っちゃうと、 仕掛ける側情報弱者の格差って 間違いなくここからできると思ってます。

PCやスマホで、 何でも調べられるし多くの情報が転がってます。もちろん嘘の情報もありますが、 それも踏まえどんな情報も入手できます。だからその情報を拾うだけでなく 自分の頭で考えて情報の取捨選択をしないといけません。ところが便利な世の中に慣れてしまった私たちは 考えているようで考えていなかったり、 その答えを誰かに求めようとしてしまいます。

例えばおともさんが言うから間違いない!とか、これって根拠がないのと同じですよね。
自分なりの理由をつけると言いますか 自分で考えて決断して行動しないと、責任の所在は全て私(あなた)以外に、なってしまいますから注意が必要です。

世の中って頭が良い人たちが仕組んでいる世界だと私はずっと思っています。これはたくさんの本を読み漁って気づいていった事です。
社会とか学校とか親とか会社とか(悪い言い方すると)自分の考えとか主張をとことん潰してくるじゃないですか?
昔だったらこれをパワハラじゃないけど強制的に潰してきていたわけですよね。

だけど、今ってパワーでねじ伏せようとすればみんな簡単に逃げちゃう。

だから頭の良い人たちは何を考えたのか?

便利とか楽(らく)という価値を与える事で、私たちが自分で考えないように誘導していると斜めに見ています。

 

便利と楽チンを追求すると社畜化されるワケ

多くの人にとっての良い人の定義は便利ばかりくれる人」「楽なことばかり与えてくれる人」だと思うんですよね。でも今日のメルマガを読むと、
この無意識で便利や楽に慣れてしまうのってとっても怖いことだと感じませんか?

・・・社畜

まさにこれが、会社で頭は使わないで時間ばかり使って疲れた〜」なんて言ってるけど、実は楽チンに慣れてしまった人の事じゃないでしょうか。
「飼い馴らされる」って1人になった時に何もできなくなりますので、毎日全ての行動を自分で意識して考えてみるという事に慣れておいた方が良いですね。まさに・・・思考停止は飼い馴らされたブタ野郎

 

それではまた。

 


このブログは わたくし
齋藤朋子 おともが書きました!
・情報発信、マーケティング指導 その他コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、など
小中学生三兄弟のシングルマザーであり、女性起業家として活動中。現在はインターネットビジネス業務全般で全国を回りながら、子育ても両立しているワーママ(ワーキングマザー)です!メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!

 

 

齋藤朋子の公式メールマガジンは毎朝6時に配信中

 

齋藤朋子へのダイレクトメッセージはLINE@から

 

2020年齋藤朋子の独学用プログラム発売予定!
※coming soon※

 

 

Please follow & like us :)

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial