初心者さんがもっとも結果を出しやすいカンタン輸入ビジネス!

menu

SemiAutomaticTradingSystem

「自由は欲しがるもの」背負う覚悟

 

何もしないことが自由ではない、背負う覚悟が自由である

 

「自由」の定義は人それぞれで曖昧である、だけど自由=何もしない事ではない。

それはこのブログの読者さんはわかっているはずだ。
このブログは社会に依存しないで生きていこうと思う人が読むことが多い。

 

会社や社会、そして家族、
今まで守ってくれていた環境に、もしかしたら違和感を覚えているかもしれない。

その感覚は正しいと思う。
対 家族でも、その感覚は自由を掴みたいなら正しい感覚

 

その理由も書いていこうと思う。

 

まず前提に、
自由とは「与えられるものじゃない」という事を頭に入れながら
今日は最後まで読んでほしい。

 

 

 

 

自由には2つの覚悟が必要である

 

私が思う自由には2つの覚悟が必要である。

 

何かを背負う覚悟

そして、全ては自分自身の責任であると最後まで貫く覚悟だ。

 

こう書くと不自由に感じる人もいるはず。

 

でも、そうではないのだ。

 

 

「何かを背負う」とは

 

背負うものと聞かれ思いつくのは、

まずは、
任務や立場、立ち上げたプロジェクトなど。

 

 

それから、
親兄弟、我が子、生徒、、、といった面倒をみないといけない人
イメージすることも多いだろう。

重たい荷物を背負って山道を登っていく、そんな過酷なイメージをする人もいると思う。

しかし、そうではない。

私が思う「背負う」というワードは自由でしかないのだ。

なぜなら、
こういった守るべき者を自分のフィールドに置いておけるかどうか?という考え方だからである。

 

4年前の私がその良い例である。

 

私は夫に頼りきりのお気楽な主婦だった。
小さな三兄弟の子育てを理由に背負う覚悟を放棄していた。

つまりこれは「自由を放棄する」のに等しいとある日気付いた。

 

それまでの私は、家庭を背負っている夫のフィールド内でしか生きていけない不自由な人間だったのだ。

 

そうではなく、母として、女として、自由に生きていくのなら
夫が背負うものとは別ものと考え、自分自身でも家庭や家族を背負おう覚悟が必要だったのである。

 

今  私は、自分で多くのものを背負っている。
つまり私のフィールドで私は力強く生きていくしかない。

 

 

それがどうした?

   これが自由だと私は思う。

 

 

 

 

「自分自身の責任であると最後まで貫く覚悟」とは

 

自由とは自分のフィールドで生きること、つまり孤独でもあることに気付いた。

ただ、孤独を勘違いしないで欲しい。
決して孤独は寂しいものではなく、自分で自分のケツを拭く覚悟のことだと思っている。

覚悟ってものは多くの人が避けて通るものだと思う、
わざわざ面倒な事を拾って歩く人はいないはずなので。

だがこの覚悟を避けるという選択は、
会社、家族、社会に依存をする選択に等しく、つまりそのフィールドで生きる事に等しいのだ。

何かあった時に、あらゆる責任をその依存先に求めれば良いので楽に思えるかもしれないが、それは自由ではなく依存先のフィールドで生かされてるだけであり、自分の選択肢はそこには持てないと思うべきだ。

 

誰かがケツを拭いてくれると思った瞬間から、自由は遠のいてしまうもの

私はそう思う。

 

 

 

自由を選ぶのは決して楽ではない

 

自由とは好きな事を選択して生きていく事。
つまり自分で選択をした時点で、自分の責任で行動をしているという事だ。

何かあれば自分にそのまんま降り掛かる。
それは良いこともあれば、悪いことも全てである。

悪いことや失敗を怖がる人は多いが、自由を手に入れたいならそこは突破しないといけない。
苦労も覚悟のうえで「自由は欲しがるもの」と思っておくほうが気持ちが楽だろう。

ただ、このように書くと自由=辛いこと と思われがちだが、そうではない。

 

本当に自分がやりたいこと、やりたいい事を見つけた時、
やる気に溢れている時、

 

つまり本当に自由を求められた時、

 

もしかしたら険しい道のりも

楽ではないが乗り越えることがやり甲斐に感じてくるのだ。

 

 

今、やり甲斐を感じないのなら、
それは
誰かのフィールドで生きていないか?

 

 

もし、この記事が少しでも刺さるなら、
あなたが自由になるということを ぜひ 考えてみて欲しい。

 

 

 


このブログは わたくし
齋藤朋子 おともが書きました!
・本格貿易ビジネススクールMYC代表
・情報発信、マーケティング指導
その他、コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、などパラレルワーママ代表
小中学生三兄弟のシングルマザー。育児もビジネスもプライベートも全て優先にする女性起業家

 

 

 

 

メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!!!

おともとおともだちLINE@登録はココ

 

 

Please follow & like us :)

Facebook
Facebook
YouTube
Instagram
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial