シングルママ流”在宅起業" 子育てしながら働く~おウチで起業~

menu

Tomoko Saito ~ Official Site~

世代間連鎖をあなたがぶった切る〜「子供に託す」毒親からの脱却〜

自己紹介で自分発掘作業

個人ブランディング&メディア構築スタートアップ講座
(2018年10月に終了しました)

15日のスタート前の今、改めて自己紹介をして頂いてます。 

自己紹介も、

===

初めまして!齋藤朋子、おともです!!

旦那は帰って来ませんが、
三兄弟の子育てしながら自宅で稼いでます!

===

 

ではなく、

 

なんでインターネットビジネスをしてるのか?

好きな人とその理由は?

嫌いな人とその理由は?

自分がやりたいことは?

 

というまだまだ入り口ではあるのですが、色々自分のことを吐き出してもらっています。本当の自分は何がしたいのか…?
これって、深く深く考えていかないと実は全く分からなかったりします。

なんでアマゾン無在庫輸入を始めたのか?
→旦那の稼ぎから自立したかったから

↓ 深掘る・深掘る ↓

なぜ旦那の稼ぎから自立しなくちゃいけないの?
→依存してると不自由、不安だったから

↓ 深掘る・深掘る ↓

なぜ不自由、不安なの?
→全て旦那に許可を取らないと何もできない旦那がいなくなったら生活ができないから。

↓ 深掘る・深掘る ↓

「旦那がいないと生活すらできない」
自分の母親を見ているようで嫌だった。

↓ 深掘る・深掘る ↓

男(旦那)に依存しながら我慢して生きている女(母)を見るのが私は嫌いだった

↓ 深掘る・深掘る ↓

母を見るのが嫌い
笑ってない、楽しそうじゃない

↓ 深掘る・深掘る ↓

私は母に笑って欲しい、自由に生きて行って欲しいと思っていた

↓ 深掘る・深掘る ↓

母や自分も含め、女性には笑っていて欲しいし、自由でいて欲しい。

 

世代間連鎖と因果応報

夫婦喧嘩をきっかけに、夫に捨てられたら生きていけない危機感で、我武者羅にやってきたAmazon無在庫輸入。
きっかけもやる事も、ぶっちゃけ何でも良かったわけでただ変わりたいって思っていました。その頃は気付いてなかったんだけど、心のどこかで幼い頃からずっと持っていた恐怖心があったと思います。

 

「世代間連鎖」聞いたことありますか?
「世代間連鎖」ではなく「因果応報」という言い方も良くしてますね、繰り返される因果ってやつです。

 

自分の親や、家系で繰り返されてる事は自分にも巡ってくる…みたいなやつです。
Amazonを始めた2016年のGW、私は変わるんだ!と強く思ったのはこのままいったらこの世代間連鎖が、絶ち切れなくなるんじゃないか?とも感じたからだと思います。

 

いつか母親にこんな事を言われました。

「私も私のお母さんも、結婚はうまくいかなかったから朋ちゃんだけは幸せな家庭を持ってね

===

そうか・・・
じゃあ私の代で終わらせるべきだよね

===

そんなふうに思ってました。

 

自分の夢を子供託す毒親

だけど今ならハッキリ言えますね。

===

ごめん、今うまくは いってない。
“うまくいく・いかない”の定義が私にはよく分かんないんだけど、
でも、私が幸せならお母さんも本望でしょ?

===

 

もし、結婚をして自分を差し置いてカタチだけの家庭を守ろうとしてたら、私が小さい時に見ていたお母さんみたいになっちゃっていたはずです。
それは母も、私も、私の子ども達も、みんな望まないだろうと勝手に思っています。

望んでない因果や世代間連鎖だけど、やっぱり自分には降り掛かってしまった。
そんな時に特に女性は、私は仕方ないが子どもにだけはどうか…なんて考えてしまうものです。

自分の親も同じような事を言ってて、そして結果やっぱり自分も同じ事になって、自分の子どもにだけは・・・なんてハッキリ言って普通に考えたら無理です

 

子どもに託すんじゃなくて自分で断ち切ろうよ!と言いたい。

自分は希望の大学に入れず、そして希望の会社にも入れなかった。だから子どもには希望の大学に・・・なんて、自分のできなかった事を美化しちゃって子どもに押し付けて夢を見る毒親同じですからね、、、ごめんけど。

世代間連鎖から抜けるには、子どもに期待する事でも神頼みでもありません。
自分に起きてしまっている世代間連鎖や因果をまずはガッシリ受け止める。
※受け止める=気付く、知るという意味です。

そのパターンに気付く事で、例えば辛かった過去の経験や解決できていない心の傷に余裕を持って向き合うことができるかもしれません。
だってそういうパターンなんだから仕方なかったんだって思えば納得できませんか?
このパターンに気付かないから人は蓋をして放置して諦めようとしますが、それやってると次の世代にも繋がっちゃいます

私はいいけど子どもには・・・どうか!
なんて神頼みとかしても無駄なんで、まずは自分がしっかり自分と向き合うこと。

つまり、自分を深掘りして知っていく事は避けて通らない方が良い。って言うか、避けるな!行こー!!!
そうする事で、絶対にあなたも次の世代もHAPPYになるって信じています♪

と言う事で、自宅から出ずジャージで稼ぐおかんは今日も三兄弟の飯代稼ぎます。稼ぐ事で因果なんてぶった斬りましょう!

 

 


このブログは わたくし
齋藤朋子 おともが書きました!
・情報発信、マーケティング指導 その他コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、など
小中学生三兄弟のシングルマザーであり、女性起業家として活動中。現在はインターネットビジネス業務全般で全国を回りながら、子育ても両立しているワーママ(ワーキングマザー)です!メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!
おともとおともだちLINE@登録はココ

 

 

 

 

 

 

 

Please follow & like us :)

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial