シングルママ流”在宅起業" 子育てしながら働く~おウチで起業~

menu

Tomoko Saito ~ Official Site~

シングルマザー予備軍[離婚実践編その1]

 

離婚届提出の準備はバッチリ?

離婚届、お子さんがいれば親権・擁護権、養育費などの話し合い、またその他の取り決めなど、しっかり話し合いが済んだらいよいよ離婚届の提出です。
提出は、土日でも受付はしてくれますが受理されるのは平日となります。お仕事などがあってもできれば平日に提出しに行くのが望ましいです。例えば不備や記入ミスがあった時にその場で対応できる可能性があるからです。受理されず再提出となっても時間ばかりかかってしまうのでできれば平日の受付窓口が空いてる時間に出向くようにしましょう。

その際に、持ち物の準備は怠れません。
意外と面倒だった記者の離婚提出時に準備した絶対に必要なものをお伝えします。
離婚届受理後の手続きもたくさんありますので、一度の来所で済むよう必ず確認してくださいね!

 

離婚届提出時に必要なもの

  • 印鑑(夫婦で別々のもの)
  • 移住地と本籍地が違う場合、戸籍謄本
  • 身分証明書(マイナンバー、免許証など)
  • 印鑑(離婚後の姓が変わる場合は、新しい姓のもの
  • 国保・国民年金の場合は、国民健康保険証と年金手帳

    ※親権を取る場合は、子供の健康保険証やマイナンバーなども持参すること

(移住地の市役所にご自身で必要な物の確認をして頂くことをおすすめします。)

 

意外と面倒な戸籍謄本の取り寄せ

記者の場合、居住地が近畿地方本籍地が遥か遠くの東北地方!!
電話での取り寄せはできないため、本籍地に請求書と小為替と返信用封筒を入れて送ります。
役所は休日は動きませんので、この対応は書類が届いてすぐの平日以降の処理となり、そこからまた返信が来るまでに時間が要します。
送る曜日や時期にもよりますが、1週間から10日は見ておいたほうがいいです。
逆算して、例えば月内に離婚を成立させたい場合などは早めの取り寄せをしておきましょう。

詳しくは、本籍地の市役所ホームページで「戸籍謄本の取り寄せ」で検索、または問い合わせをするとすぐに分かります。

 

 

離婚後の姓の選択

最後に、離婚後の姓について。
最近は、別れた後も子供と一緒に離婚する前の姓をそのまま使い、戸籍だけ新しくするパターンが増えているそうです。
例えば子供の名前を姓名セットで字画を合わせていたり、学校が変わらない場合の子供への配慮、
また働いている場合は苗字が変わることでいちいち詮索されるのが面倒などの理由があるようです。

苗字はそのままでも新戸籍にできるので、別れた夫、または妻の家とは絶縁にはなりますが
それでも注意しないといけないのは氏というのは先祖代々から繋がっているものであり、本人たちだけで始まっているものではないという点です。

当人同士の問題とはいえ
家系図を見ればわかる通り、
途中で家計が途絶えるということで災いとなる可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

 

 

離婚後に絶縁となっていても、同じ氏を名乗ることを怒るご先祖様もいらっしゃるということです。
こういった点も踏まえ、離婚するということは家系図に関わることと当人同士の問題だけではないということも頭に入れておきましょう。

記者はこの辺りの相談も霊視のできる先生に見ていただき、
子供は大丈夫とのお言葉をもらい離婚後は新戸籍で旧姓を使い、子供たちは離婚前の苗字のままで新戸籍を作ることにしました。

(お悩みの方は、ラインで遠慮なくご相談ください。)

 

 

いかがでしたか?

離婚も紙切れ一枚でサクッと・・・とはいきません。
籍を入れることも同様で、当人だけではなくそこには先祖代々の家系図に加わるということは
神経質にならな過ぎずとも覚えておくと良いかもしれません。

 

 

 

離婚でお悩みのお母さんへ

同じように苦労しているシングルマザーがたくさんいます。

一人で悩んでも解決しないことが実はすごく多いです。
また、お母さんの不安はどんなに隠しても子供には伝わってしまいます

子供の不安へと繋がってしまいますので、
一人で悩んでいたり不安を抱えているのならお気軽にメッセージをください。

 

離婚は最悪の結末ではありません。
まずは自分が幸せになることで自分の子供の幸せに繋がり
ます。

離婚という選択肢で自立をし、楽しいシンママライフを手に入れてください。

 

 

 

あなたの味方がたくさんいます。

 

 

 

メッセージは直接繋がるLINE@へお待ちしています!!!

おともとおともだちLINE@登録はココ

 

 

シングルマザーの起業を応援しています!お気軽に声をかけてください!!

 


このブログは わたくし齋藤朋子 おともが書きました!
小中学生三兄弟のシングルマザーで育児もビジネスもプライベートも全て優先にする女性起業家で、貿易ビジネススクール代表を経て現在は情報発信、マーケティング指導、その他、コンサル、情報発信、権利収入、美容案件、などで幅広く活動中。

 

 

 

 

 

 

 

Please follow & like us :)

Facebook
Facebook
YouTube
Instagram
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial