シングルママ流”在宅起業" 子育てしながら働く~おウチで起業~

menu

Tomoko Saito ~ Official Site~

労働者思考と経営者思考の誤差#488AMAZON輸入×女性起業家メルマガ

労働者思考と経営者思考の誤差

 
 

時間とお金を手にする女性向けセミナー

 
年収1000万を
時間と一緒に手にするための
“完全女性向け”のセミナー
 
 
4月29日日曜は名古屋で開催予定!!
(詳しくはメルマガで!)
 
 
※男性のご参加も可能です
 
 
━━━━━━━━━━━━╋
*子育てしながら自宅で稼げるようになる
*お金と時間が増える仕組みがわかる
*半年で手離れ収益化ができる
*年収1000万の稼ぎ方がわかる
*正しい情報発信の意味がわかる
*今まで稼げなかった理由がわかる
(※インターネットビジネス経験者)
╋━━━━━━━━━━━━━
 
 

稼ぐことが悪と思う事は正しい?

 
「労働」という
時間と体力と時間を使った働き方では、
お金も時間も自由にはなれない理由がある。
 
つまり、
「稼ぐことが悪い事」と思うのは、
あながち間違っていないのかもしれない。
 
 
でもこれは「労働者」が肌で感じる直感的なもの。
そう、
この人たちのこの感覚は間違いじゃない。
 
 
という事に、
ある女性ビジネスセミナー動画を見てて
気づいちゃったんですよね!!
 
 

最近のつまらない指導者

 
ディスるわけじゃないけど最近、
在り来たりなセリフ”に飽き飽きしています。
 
正しくは
言葉に重みのない在り来たりなセリフ
と言っておきましょうか。
 
その在り来たりでつまらなかったセリフが
コレ。
 
 
「稼ぐってことが悪いことだと
思ってる人が多くないですか〜?」
 
 
ね?
よくセミナーや講義では聞きますでしょ?笑
 
テッパンネタじゃないけど、
あるあるです。
 
もちろん私も使った事はあると思います、
実際にそう思ってもいますからね。
 
でもこのつまらないテッパンなセリフに
違和感を感じたのか何だか分かりませんが、
とにかく引っ掛かったんです。
 
そこから
「稼ぐことが悪いこと」について考えてみました。
 
 

労働者の真っ当は労働対価

 
 
「稼ぐことが悪いこと」

「(大金を)稼ぐって悪い事をするんじゃないか」

「悪い事をする=(大金を)稼ぐ」

「稼いでいる人=悪い事をしている人」

「(大金を)稼げない人=真っ当に働いている人」

「真っ当に働いている人=正しい人」
 
どうでしょうか、こんな深堀りw
 
 
マーケティングやAmazonのリサーチも
一緒だと思います。
 
こうやって理由を考えていくのって
すごく面白いですよね。
 
 
「真っ当に働いている者」
つまりここでいう「労働者」
 
 
この労働者たちは大金を稼げないと感じている。
 
 
この感覚は理屈では説明できないとしても
その直感は当たっていると私は思うのです。
 
 

労働の限界

 
なぜなら労働は、
 
「自分の体を使って、時間を使って、
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして命を使って対価を得ている。」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
そう私は考えているからです。
 
 
体(体力)は限界があります。
時間は有限で1日に24時間しかない。
 
そしてその時間は私たちの残りの命の時間。
 
 
こう考えた時に、
労働で提供する自分には必ず限度がある。
 
つまり対価(労働)としてもらう賃金にも
上限がある
 
 
だから、
普通に働いている人が月収100万もらうのって
本当に大変だと思います。
(一般的に。)
 
 
それを毎日疲れたカラダに鞭を打って
労働をしている人たちは・・・
 
理屈では説明できなくても直感で感じている
 
そう、私は思いました。
 
 
 

労働者思考と経営思考の誤差

 
そして労働をする事でしか
お金は稼ぎ出せないと思っている人たちに
月収100万!
年収1000万!
年商2億!!!!
 
なんて言ってもそれが、、、
 
(私のように)普通の主婦です♪
とか、
副業しながらやっている普通の会社員です!
 
なんて絶対に信じられない!
 
 
だって労働でしかお金を稼げない、
そう思っているんだから仕方がないです。
 
だから
 
労働でしかお金を稼げないと思っている人が、
「稼ぐ事が悪いこと」って思っているのは
 
正しい!!!
 
という私の分析結果でした♪
 
 
たまには色んな人の話を聞くのも、
こう言った気付きがあって良いですねw
 
 
何事も見方(聞き方)を変えれば全て学びに
 
 
そこに何も見出せないのは、
自分のレベルが低いだけですからね。
 
 
おっと。
説教になりそうなのでこのあたりでw
 
 
それではまた。
 
 
=====================
2018年03月13日のメルマガより

Please follow & like us :)

Wordpress Social Share Plugin powered by Ultimatelysocial